岡山市の美容室ビューティーわたなべ・美容室Cara

Monthly column

No.5 目の紫外線対策

紫外線が一年で最も強くなるこの季節、皆さんもそれぞれに対策をされていらっしゃるでしょうが、
この紫外線、目の健康にも大きな影響を及ぼすことをご存知でしたか?

特にスポーツやウォーキングやドライブなど、長時間紫外線を浴びる時には気をつけたい点です。

岡山市の美容室、加羅のコラム画像

■目への影響
角膜に炎症を起こさせたり、奥の水晶体にまで届くと、レンズを濁らせ
白内障を引き起こす原因を作っていると言われています。

■具体的な対策
一番の対策はサングラスをかけること。

選ぶポイントとしては、レンズが大きめでまぶたまで覆うようなもの。
横にも幅ひろのフレームがついて、顔になるべくフィットしたものが好ましいです。

レンズは紫外線透過率(紫外線を通す率)の表示がついてあるもので、
透過率が0.1以下など数値の低いものが望ましいです。

さらに遮光レンズになると、反射や光の屈折に対応する機能が付いているので
目にはグンとやさしくなります。

■ここがポイント!
〇「レンズの色は関係ない!?」

色の濃いレンズはいかにも紫外線カットという気がしますが、色が濃いというのは、あくまで眩しさ対策です。
大切なのは先に述べた紫外線透過率です。例え無色でも、UV加工がしてあり数値が低いものなら大丈夫。
(色が濃いレンズは瞳孔が開きやすくなり、かえって光が入りやすくなってしまう事もあります。)


さらに効果的! サングラスと一緒につばの広い帽子と、日傘を併用するのをおすすめします。