岡山市の美容室ビューティーわたなべ・美容室Cara

Monthly column

No.4 「目のクマ」を作らない

ちょっと夜更かしが続いて睡眠不足、なんて時や、少し体調が優れない時など、朝、鏡を見て「ガーン!」となってしまう「目のクマ」。
ファンデーションを重ね塗りしたり、コンシーラーをつけたり、カバーにもう大変!
そこでちょっとした予防法を探してみましたよ。

岡山市の美容室、加羅のコラム画像

■そもそも「目のクマ」とは
目の周りやまぶたの皮膚は、たまごの薄皮ほどの薄さしかありません。
そこに血行不良による黒っぽい血液が流れることにより、黒ずんで見えてしまう…これが目のクマになります。
また紫外線により、色素沈着すると、茶色っぽいクマになることもあるようです。

■「目のクマ」原因
睡眠不足や疲労、ストレス、体調不良などによる血行不良。
さらには眼精疲労、ドライアイなども原因とされています。
また紫外線による日焼けも原因の一つになっているようです。



■「目のクマ」解消法

〇夜のケア
岡山市の美容室、加羅のコラム画像

両手の薬指を使い、下まぶたの目尻⇒目頭⇒まぶたのふちと一周する。これを2~3回くり返す。

Point 目の周りの皮膚はとてもデリケートなのでやさしく丁寧にしましょう。


〇朝のケア
岡山市の美容室、加羅のコラム画像

蒸しタオルで温める⇒水で塗らしたタオルで冷やす
※これを2~3回くり返す
※蒸しタオルは、小さめのハンドタオルを濡らして、電子レンジで温めればできます。


目のクマは血行不良によることが多く、身体からのサインと捉えることもできます。
普段から生活のリズムを整え適度な運動を心がけることが必要。また、日焼けによる色素沈着のクマを作らないためには、こまめに日焼け止めを塗ることも大切になってきます。

それでは、生き生き美しい目元を維持し、周りを魅了しちゃいましょう!!