岡山市の美容室ビューティーわたなべ・美容室Cara

Monthly column

No.18 女性のフェイスシェービング

お化粧をするとき、鏡を見てふと気になるのが顔のうぶ毛。皆さんどうしてますか?
お肌のためにも、顔のシェービングは控えた方が良いという意見もありますが、日本人のうぶ毛は欧米人にくらべ色も黒く、濃いのが特徴。
昔から嫁入り前には顔・背中などをシェービングする風習もあるほどです。

シェービングをするとお肌も白くなり、化粧のりが断然良くなります。
今回はお肌への負担をかけずに、おうちで行うフェイスシェービングのポイントをご紹介。

①良く剃れるカミソリを使う
切れの悪いカミソリはお肌も傷つけてしまいます。お肌への抵抗が少ない、切れの良いカミソリを使用しましょう。

②湿疹・ニキビがないときに行う
湿疹やニキビ自体を傷つけるのはもちろん、湿疹が広がる可能性もあります。
お肌の状態の良い時にしましょう。

②汚れが気になるところはダブル洗顔で
特にTゾーンなどは皮脂がべたつきやすいので二度洗うと効果的です。

③2か月に1~2回まで
あまり頻繁に行うとお肌への負担が大きいので、「毎月1日」という風に目安を決めて行いましょう。

岡山市の美容室、加羅のコラム画像


④シェービングフォームを使う。
石鹸や洗顔剤をシェービングフォームの代わりにするとお肌に必要な水分や脂分も取ってしまうので、 専用シェービングフォームを使いましょう。男性用のものでも大丈夫ですよ。

⑤お風呂の湯気で皮膚を柔らかくしてから
メイクを落とし、お風呂の湯気で毛穴を広げ、皮膚を柔らかくしてから行うと、 カミソリのお肌への抵抗が少なくなります。

⑥シェービングの後は保湿!
シェービングの後は、お肌への刺激の少ない化粧水と美容液でしっかり保湿を行いましょう。
いつもの倍くらい浸透させるつもりで、念入りに行ってください。

最近では、レディースシェービングの専門店もたくさんあります。女性のスタッフと1対1で個室で行えるところもあり、 エステの感覚に近いかもしれません。
お店により、価格やセット内容も異なります。自分で行うのが不安な方やお肌の敏感な方は、 電話やインターネットなどで問い合わせてみてくださいね。

過去のコラム